関空一周ヨットレースレース予告
photo by Yamazaki
More

今年も恒例の関空一周ヨットレースが近づいてまいりました。毎年ゴールデンウイークはこのレースに合わせて予定を組まれる艇も多くあります。

レースは、岬町長杯(5月3日/淡輪ヨットハーバー沖でのソーセージコース)、関空一周ヨットレース(4日/淡輪沖をスタート。関空橋を通過し、反時計回りで空港島を一周し淡輪に戻る)の2日間行われます。3日の前夜祭から関空一周ヨットレースのみ参加も可能です。

長いスタートラインのどこからスタートし、関空橋までどのコースを選択するか前半戦の大きな決断です。それぞれのコース取りで広がっていたレース艇は、第1マーク、関空橋通過で一気に接近し、セーラーのテンションはマックスに。

関空橋通過後も、関空島の影響を受け振れる風、潮の変化を読みながらレースは進行します。全てのマークを回航し終え、フィニッシュラインに向かう頃には達成感に満たされることでしょう。

コース図

また、ゴールデンウイークのこの時期は、隣接するビーチでの潮干狩りやみさき公園(遊園地)などご家族でも楽しめるイベント・施設があります。

多数のご参加をお待ちしています。

2018 関空ヨットレース実行委員会

過去の参加艇数

コースを示すブイ
  • 2011年 第1回関空一周ヨットレース 全69艇エントリー
  • 2012年 第2回関空一周ヨットレース 全82艇エントリー
  • 2013年 第3回関空一周ヨットレース 全73艇エントリー
  • 2014年 第4回関空一周ヨットレース 全91艇エントリー
  • 2015年 第5回関空一周ヨットレース 全82艇エントリー
  • 2016年 第6回関空一周ヨットレース 全81艇エントリー
  • 2017年 第7回関空一周ヨットレース 全76艇エントリー

JSAF(日本セーリング連盟)艇登録について

JSAFに艇登録することにより、固有のセイルナンバーが付与されます。JSAF外洋内海では、艇登録、会員を募集しています。(詳細は、JSAF外洋内海のリンクをご覧ください)

今大会では、登録艇優遇措置として艇参加料が安くなっています。

お知らせ:国土交通省型式承認桜マーク付き救命胴衣 

平成30年2月1日からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化されました。小型船舶の船室外の甲板上では、原則、すべての乗船者にライフジャケットを着用させることが船長の義務になります。

ライフジャケットには、水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること、顔を水面上に維持できることなどの様々な安全基準が定められています。国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、 桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)があります

ライフジャケット・救命胴衣・釣り具・船具・ アウトドア用品取扱い ライフジャケット通販専門店 株式会社アクアビーチ 運営責任者浜路

〒646-0217和歌山県田辺市城山台7-10-1 TEL0739-26-4608 FAX0739-26-4638 shop@aquabeach.jp

運営サイト 【アクアビーチ本店】http://www.aquabeach.jp/ 【アクアビーチヤフー店】ヤフーショッピング 【アクアビーチヤフオク!店】 【アクアビーチアマゾン店】 【アクアビーチ楽天市場店】

営業日:平日9:00~18:00・日祝午前中 臨時休業有 お気軽にお問い合せ下さいませ。

©2018 関空一周ヨットレース実行委員会